金沢に住むインテリアコーディネーター&女性一級建築士。家族みんなが笑顔で、おうち時間を楽しめる…そんな住まいを目指しています。自然素材も大好きです。
by Garage S 塩村 亜希
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お知らせ
ホームページ作成中!
http://garages.jp




ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

■LINK■
全国の工務店ブログ満載
■ 全国工務店ブログ広場


金沢市の住宅関連情報
■ 金沢市住宅総合HP


インテリアに関する情報盛りだくさん
■インテリア産業協会


<注意!>トラックバックする際は記事内にこちらのURLを入れてください
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
カテゴリ
全体
日々のこと
モブログ
インテリアのお勉強
家庭菜園
知恵
番外編(自宅建築記録)
ホテル訪問記
アクセスレポート
WORKS*施工実例*
収納のこと
未分類
最新のコメント
> whirl--win..
by seidai-aki at 08:56
ご縁ってあるのもですね。..
by whirl--wind at 21:05
whirl--windさ..
by seidai-aki at 16:24
最新のトラックバック
ロレックス エクスプロー..
from ティファニーで朝食を ファッ..
6棟目の着工式
from 石川県産材を使った健康住宅を..
2月検索ワードランキング
from 成長する家「かとうさんの日常」
ブログパーツ
検索
タグ
記事ランキング

トラブル発生!
f0028675_18461629.jpg我が家ではI社のユニットバスを入れることにしたのですが、そのユニットバスに問題が・・・

工程上はとっくに設置されているはずのユニットバスが、床パネル1枚だけの状態で放置されています・・・大工さんに聞くと組み立てている途中でバスタブに傷がついていることに気がついたのでバスタブ交換になったそうです。
そして、交換されてきたバスタブがこれなんですが、またまた傷が・・・!
頭の部分に何かでこすったような傷がついているため交換となりました。

3度目の正直・・・という3回目でも、何故かまた傷が・・・I社の営業マンも「厳重注意で運んできたのに何故?」と言っていたそうです(^^;
4個目でようやく全員(メーカー、施工屋さん、大工さん、監督)が納得できる品物が届いたそうで、現場に見に行くとI社の営業マンが走ってきて謝罪されました。
・・・うちとしてはお風呂が入れば良いんですけど、交換の間大工さんが作業できないというタイムロスは大きかったようです。

ちなみに、浴槽の色は息子の希望でピンクです・・・私は壁から浴槽まで真っ白にしたかったのに、色決めに行ったショウルームで「ピンクがいいぃ~~~~~!」と泣き叫んだ為ピンクになりました(-"-;
自分がピンクにこだわったことを息子はいつまで覚えていてくれるんでしょうか・・・
いつか「なんでうちのお風呂ピンクなん?」と言われる日が来そうで不安です・・・
[PR]
# by seidai-aki | 2006-12-02 18:45 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)
現場通い復活
f0028675_18331538.jpg

なんとか体も落ち着いたきたので、現場通い復活です(^^
・・・といっても、移動する「足」を持たないので、主人がお休みの日だけですが・・・

久しぶりの現場で、主人から聞いていた断熱工事を確認。
黄色い断熱材と黒い気密テープの色がなんとも「工事現場」っぽいな~、といつも思います(笑

画像の左側は2階リビングからキッチン側を見た図、右側は屋内配管システムの画像です。
断熱材で囲まれたエリアが吹き抜けとなるんですが、現場を見に来た友人達は皆...「なんか寒そうな家やね~」と言います.....「高気密・高断熱の家やし大丈夫」と返しますが・・・そんな寒そうですかね?(^^;;;
まぁ、部屋の容積が増えるのでエアコンは大きな能力のものが必要になりますが・・・
2008年冬追記:結局外は雪で真っ白になっていても、生活エリアは8帖用のエアコン1台でまかなえています。あんなにいっぱいエアコンを買ったのに・・・夏も使わず冬も使わず・・・完全な無駄金でした(T-T)まぁ「保険」と思って眺める事にします)

屋内の配管工事のほうも進んでいて、ピンクとブルーの配管が鮮やかです。
主人に「これ何?」と言われたこの部分・・・これは配管のメイン装置みたいなもので、お湯も水もまずはここを通ってから各水廻りまで配管されています。
なので、各水廻りでの水圧が安定し、従来の道路の近いところは水圧が強く、道路から遠いところは水圧が弱い、ということがないようになっています。
また、このヘッダー方式を採用することで、リフォームもしやすくなります。このヘッダーからの配管を増やすだけで、わざわざ地面を掘って配管工事をする手間が省けます。
将来的に必ずリフォームが必要になると思っているので、有り難い設備です(^^
[PR]
# by seidai-aki | 2006-11-19 18:28 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)
断熱材の話
f0028675_187650.jpg現場には行けませんが、毎日現場の前を通る主人が現場の様子を教えてくれました。

「今日は外壁はってたよ」
「今日はなんか作業車が来て床に何かしとったよ」
「今日は壁に断熱材入れとったよ」

・・・などなど。
聞けば聞くほど行きたくなる気持ちを抑えるのが大変でした(笑

断熱材は、床下と天井裏にセルロースファイバー、壁にはグラスウール24kgを使いました。
壁にはウールを使いたかったのですが、評定を取ったSHS工法で国の助成金申請をしているため、今回は評定書の通りグラスウールです。
(画像は左が一般的に使われているグラスウール100mm、真ん中がSHS工法で使うグラスウール100mm、右がウール(羊毛)100mmです)

なぜウールを使いたかったかというと、ウールが自然素材であることと、調湿作用があるからです。
グラスウールという素材は水に弱く、水分を吸ってしまうと効果がなくなってしまうといわれています。また、グラスウールはガラス繊維のため、この素材を直接触ると傷ができます。
目には見えないくらい小さな小さな傷なので、普通にしているとわからないと思いますが、お風呂に入ったり手を洗うと傷の多さにビックリします。
そんな点からも個人的にはウールに憧れがあったのですが、このウールには製品のカルテがないのです(数字で効果が比較できるもの)
そのため、評定取得の際には使用できなかった、という品物です。

よく一般的に使われている「グラスウール」は画像一番左のように袋詰めされているものが多いのですが、セイダイのグラスウールは素材そのままの状態でロール状に巻かれてやってきます。
これを壁に入れている職人さんは大変だなー、と断熱材のロールを見る度に思います。

ちなみに、その袋状のグラスウールと、真ん中のグラスウールは梱包の状態だけでなく、密度も違います。
袋状のものと比較すると約2.4倍の密度があるため、厚みが全然違います。つまり暖かさもぜんぜん違います。
一般的には、この袋状のグラスウールを大工さんが壁の中にはめ込むだけの会社が多いですが、これだと窓のまわりや筋違と呼ばれる補強材の隙間に断熱材がしっかりいきわたりませんし、ただでさえ薄いグラスウールが筋違等で押されることによりさらに薄くなり断熱材ムラができます。(低価格+短時間でできるのは良い点だと思いますが・・・)
セイダイはこのグラスウールを断熱材の職人さんが一箇所一箇所確認しながら施工し、その上から「気密フィルム」と呼ばれるビニールのシートを張り、空気が漏れないように「気密テープ」で押さえます。断熱材の隙間をなくすだけで、もっと暖かさに差がでます。
この断熱方法で、吹き抜けのある我が家がどれだけ快適に過ごせるのか・・・?楽しみです。
[PR]
# by seidai-aki | 2006-11-10 18:06 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)
打ち合わせの後・・・
25日の出産予定日を過ぎても出産の兆候が全くなく、無理に上棟を急いでもらわなくても良かったんじゃないか?と思いつつ(^^;、夕方に現場でシャッター取り付けの打ち合わせをしました。
たまたま主人の両親も現場に寄ってくれ、シャッター屋さんと大工さんとあーでもない、こーでもないと打ち合わせをした後、家に帰ると「・・・あれ?なんかお腹痛い・・・(x_x)」
出産前に「前駆陣痛」という陣痛の練習というのがあり、それは何回かきていたので「また前駆か~?」と思っていたら、今度は本番でした(笑

実は1人目の出産のときは「回旋異常」といい、出産時に赤ちゃんが産道を上手く移動できないお産だったので、月曜日の朝に入院したのに生まれたのは水曜日の夜中、という大変なお産でした。
なので、今回も両親は「まだ産まれないんでしょ~?」ってな感じで入院しても早々に帰ってしまい、主人も息子も横でぐーぐー寝ている中、今回は順調にお産が進み、朝の7:30過ぎに無事産まれました。
誰もそんな早く産まれるとは思っていなかったらしく、寝ていた主人ですら「えっ?もう??」とビックリしたそうです(本当は立ち会って欲しかったんですけど・・・)

落ち着いた後、現場に行った主人が大工さんに産まれた事を話すとさらにビックリ、夕方仕事の後に病院へ来てくれた義母は「昨日の夜までお腹がおっきかったのに!」とみんなで大笑いでした(^^ゞ
[PR]
# by seidai-aki | 2006-10-28 17:55 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)
f0028675_17425323.jpg

上棟の翌日からは雨続きで、屋根工事がなかなか進みません。
そんな中で今日はサッシが現場に届きました。

価格の面でアルミの複合サッシと迷いましたが、価格対性能で悩んだ結果、オール樹脂サッシを選びました。
今回はNEDOの助成金制度を使えるため、アルミの複合サッシとの差額の1/3は国から補助してもらえるので、結果としてはかなりお得感があります(^^

画像の左側が今回採用したオール樹脂サッシ、右側が室内側だけが樹脂になっているアルミ複合サッシです。
外側も樹脂にするだけで、結露しにくくなるし、窓の前に座ったときの「寒さ」感が格段に減りますが、気密性能が悪くなる+価格が高い引き違いサッシはなるべく使わないように・・・という所は好き嫌いが分かれるところだと思います。
主人も「窓は引き違い」と思っていた点があったようで、現場に取り付けられたFIXと外開きのサッシを見て「あれ?こういう(手で引き戸を開く真似)サッシじゃないんや?」と言っていました。
家のことは私に任せておけば良い、と考えている主人には、24時間換気のこと、気密性能のことを話しても正直「フーン・・・」という感じに思えます。

色も現在はアルミサッシに負けないくらい増えているので、私の家は外側はブラウン色、室内側は木目色にしました。
家全体のサッシが取り付けられる日が楽しみです。
[PR]
# by seidai-aki | 2006-10-25 17:39 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)
上棟途中経過
f0028675_17304947.jpg大工さん達の手で次々に木材が組まれていきます。
1階部分には主人の仕事場(車屋さんです)を作ったので、居住空間を2階に持っていきました。
予算の都合上大きな家にはできなかったので、少しでも広く見せるためにリビングの上は勾配天井にしてもらいました。
2階の中心部の黄色い柱達は構造の柱をむき出しにするため、傷防止のカバーがついています。

もうあとは屋根の工事を残すところですが、お昼にちょっと問題があったため、15時の一服は屋根の上でしてもらうことに・・・(お昼を食べに行った定食屋さんで料理の出し方がきちんと伝わってなく、料理が出てくるまでにかなり時間がかかったのでした(/_;))

すっかり日が暮れて、真っ暗になるまで大工さんや社長、監督に作業してもらい、大感謝&大満足の一日でした。
[PR]
# by seidai-aki | 2006-10-20 14:30 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)
上棟
f0028675_17261675.jpg念願の出産予定日前の上棟をしてもらいました(^^ゞ

朝一番にお神酒と実家の母がつけてくれた梅干で神様にお祈りし、作業開始。

今日も息子はレッカー車に大騒ぎでした(笑

天気も良く、過ごしやすかったので、息子と姪っ子は横の空き地で寝そべり、現場の横でお昼寝している親戚の姿も・・・(笑
[PR]
# by seidai-aki | 2006-10-20 09:25 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)
基礎工事
f0028675_17185986.jpg「出産予定日である10月25日までに上棟してください!」とわがままを言ったため、急ピッチで現場が進みます。
今日は基礎のベース部分にコンクリートが流されました。

息子はクルマや建設機械が大好きなので、早起きして現場へ。
基礎屋さんの乗ってきたダンプ車から長いホースの圧送車・・・メインのコンクリートミキサー車が来る度に大騒ぎでした。
大人が見ていても楽しい(?)作業見学ですから、3歳の息子が「ここから離れたくない!」という気持ちもわかるのですが、引きずって保育園に連れていきました(^^;

天気が良かったので、作業はしやすかったと思いますが、夕方薄暗くなるまで基礎屋さんは仕事をしていました。お疲れ様です・・・
[PR]
# by seidai-aki | 2006-10-11 17:18 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)
地鎮祭
f0028675_1731257.jpg今日は地鎮祭でした。
最近省略する方も多いみたいですが、「なんかやらないと気持ちが悪い」と思ったのでやる事にしました。
一家総出ということで、主人と私、息子、お腹の赤ちゃん、そして同居する猫(現在は主人の工場住まいです)、さらには主人の両親にも参列していただき、工事の無事完成をお願いしました。

神主様の祝詞の後に玉串を献上。
息子にとっては退屈な時間だったようで、私達のまわりをぐるぐるぐるぐる・・・
でも、しっかり御参りだけはしてくれ、無事に終了。
怪我やトラブルなくお家が完成しますように!!!

最後に神主さんからおさがりということで大量の野菜と乾物をいただきました♪
[PR]
# by seidai-aki | 2006-10-02 17:02 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)
地盤改良工事
f0028675_1710240.jpg

建物の契約も終わり、いよいよ工事が始まります。
その前に、大事な地盤改良・・・川のすぐ横なので、地盤が弱い事は覚悟していましたが、調査の結果は支持層が8m下にあるといわれました…8m下なんて家一軒分じゃない!とビックリしました(^^;
コンクリートの杭を打つ方法を予定していましたが、仮設水道の事情から鋼管杭を打ち込む方法に変更してもらいました。
直径50mm長さ8mくらいの杭を機械を使って打ち込んでいきます...といっても軟弱地盤なので最初は「スーーーッ」と簡単に沈んでいくように見えました。
この杭を建物の外周と基礎がくる部分あわせて約200本(!!)を埋めてもらいました。
画像の青い印のところが杭を打ち込んだ場所です。
杭を打った後を覗き込んでみると、少しだけ鋼管の鉄色が見えました。

これで工事の準備が完了。いよいよ地鎮祭です♪
[PR]
# by seidai-aki | 2006-10-01 17:09 | 番外編(自宅建築記録) | Comments(0)